1. TOP>
  2. 団体概要

概要

団体名

正式名称:一般社団法人あいあいネット
(旧名:いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク)
英文名称:i-i-network (Research & Action for Community Governance)

※2009年6月に一般社団法人格を取得しました。


所在地

〒231-0003
神奈川県横浜市中区北仲通3-33関内フューチャーセンター(アクセス)
TEL:050-3754-5970
E-mail:
平日:9:30〜17:30


目的

この法人は、日本およびアジア・アフリカ等の世界各地で住民主体の地域づくりに取り組む実践者たちをつなぎ、経験交流や研修及び共同調査等を通じて相互のまなびあいを促進することで、コミュニティの再生・発展に寄与する。
それにより、国際相互理解を促進するとともに、地域社会の健全な発展に資することを目的とする。(定款第3条より)


事業

(1)住民主体の地域づくりに関する経験交流事業
(2)住民主体の地域づくりや海外協力に関する教育研修・情報提供事業
(3)日本と世界各地における住民主体の地域づくりへの支援事業
(4)住民主体の地域づくりや海外協力に関する調査研究・出版事業
(5)日本と世界各地で地域づくりに取り組む人々が作る生産物の普及または紹介事業
(6)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業


現在の主な活動

いりあい交流
西部バリ国立公園プロジェクト
地域に学ぶ研修事業
ファシリテーションに関する活動
その他の活動・事業


活動国

日本、インドネシア、その他


運営メンバー

代表理事: 長畑誠

副代表理事: 島上宗子

専務理事: 壽賀一仁

理事: 増田和也 山田理恵 高田尚子

監事: 中田豊一

アドバイザー:
朝田邦子(株式会社 風土倶楽部)
澁澤寿一(特定非営利活動法人 共存の森ネットワーク)
甲斐良治(一般社団法人 農山漁村文化協会)
家中茂(鳥取大学准教授)
今北哲也(火野山ひろば)
阿部健一(総合地球環境学研究所教授)

事務局: 福崎令奈

代表メッセージ

画像 あいあいネットは2004年5月、「いりあい交流」プログラムから始まりました。 「地域の自治・住民主体のコミュニティ作りを目指して」「援助ではなく、対等のまなびあいを」行おう、という活動は、 インドネシア中スラウェシと日本の山村で「いりあい(自然資源の共同管理)」を守ろうとする人々同士の経験交流を 皮切りに、中スラウェシでは焼畑を守る村人の儀礼やその暮らしの映像記録作成、高校生を対象にした「森の名人」 聞き書きへと広がっています。

一方、設立当初からあった「住民主体の活動をどうやって(外部者として)促進していけるか」という問題意識は、 「コミュニティ・ファシリテーション」という考え方・技法との出会いを生みました。そしてその思いを共有する インドネシアの仲間たちとともに、西部バリ国立公園における活動が2007年から始まり、 国立公園職員をコミュニティ・ファシリテーターとして養成する活動は、公園周辺の村において、 自然保護と生計向上を両立させた協働の活動を生みだしています。そしてまた、インドネシアだけでなく、 日本を現場とする研修プログラムを通じて、世界各国の地域づくりの現場で活動する人たちに、 「コミュニティ・ファシリテーション」の考え方に触れてもらう機会を作っています。

「いりあい」と「よりあい」を重視しながら、「まなびあい」を進めていこう、という設立当初の私たちの思いは、 この10年で少しずつ仲間を増やし、具体的な活動となって根づいてきています。 次の10年はどういう展開になるのでしょう。近代化とグローバル化が極限まで進むこの社会において、 「外から」の強制的な変化ではなく、自分たち自身の力で、「古いもの」と「新しいもの」とが共存し、 多様な主体が協働する暮らし方をどう創っていけるのか。「現場」と「事実」に根ざした「まなびあい」の力を信じて、 これからも少しずつ歩みを進めていきたいです。皆さまのご参加をお待ちしております。

代表理事 長畑誠

沿革

 

設立:2004年5月  法人化:2009年6月(一般社団法人として登記)

⇒【沿革】設立〜2016年  

役員・スタッフ紹介

【代表理事】
長畑 誠(ながはた まこと)

1961年東京生まれ東京育ち、横浜市在住。音楽少年を経て、大学時代には学生劇団に所属したことも。 その後アジアの国に目覚め、ボランティアからそのまま国際協力NGOの職員に。バングラデシュ駐在も経験したが、 援助という形で関わる限界を感じ、退職。2004年に仲間とともに「いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク」 を設立。インドネシアと日本の地域づくりの世界に足を踏み入れ、10年が過ぎた。 「まなびあい」には終わりがないから楽しい。2011年から専任教員として勤める大学院でも実感の日々である。


【副代表理事】
島上 宗子(しまがみ もとこ)

九州生まれの大阪育ち。大学卒業後、東南アジアと草の根交流をすすめるNGOで働く。 その後、進んだ大学院でインドネシアに出会い、早20年。研究と実践、日本とインドネシアをつなぎたいと 仲間たちと「いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク」設立へ。あいあいネットでは主に 「いりあい交流」を担当。2013年からは愛媛大学で、日本・インドネシア6大学連携による教育プログラムに携わる。 日本とインドネシアの若者たちに日々刺激を受けながら、国境を越えて、ムラとマチ、世代をつなぐ 「まなびあい」を実践・模索中。愛媛県松山市在住。


【専務理事】
壽賀 一仁(すが かずひと)

東京生まれ。子供の頃、多くの時間を両親の故郷・鹿児島で過ごす。大学時代に国際協力NGOのボランティアに 参加し、そのまま職員としてアフリカを中心に農村開発の支援にかかわる。一時休職して滞在したジンバブウェで、 援助ではない交流と対話の可能性に目覚め、2005年からあいあいネットでも活動する。現在はあいあいネットに 専念し、日本を含む世界各地の地域づくりの現場で、ファシリテーションを通じたまなびあいの促進に取り組んで いる。調布市在住。


【理事】
増田 和也(ますだ かずや)

愛知県で生まれ育つ。学生時代は、ご縁があって宮崎県の山村で1年間を過ごす。市民団体に勤務の後、 大学院へ進学。インドネシア・スマトラでのフィールドワーク中に開発を背景とする土地問題に遭遇し、 これに日本の経験を重ねながらアプローチしようとする「いりあい交流」に衝撃を受ける。 長らく京都を拠点としていたが、2013年より高知に移転。四国とインドネシアの大学の協働により、 両国の農山漁村での地域づくりに取り組むプログラムを担当し、あいあいネットとの連続性を感じている。


【理事】
山田 理恵(やまだ りえ)

運命に翻弄され、愛の国インドネシアにハマり、はや二十年。2003年に師匠・和田信明氏と出会ったのち 「いりあい・よりあい・まなびあいネットワーク」の活動に関心を抱き、互いの想いを共有する仲間との活動が 楽しすぎて、いつの間にか10年が経過。現在は、西部バリ国立公園と周辺のコミュニティで人と自然の共生を 目指した活動をインドネシアの仲間たちと一緒に創りながら、さまざまな地域や場面でのまなびあいの プロデュースを目指している。生粋の江戸っ子、であったが、現在は横浜市在住。


            

【理事】
高田 尚子(たかだ なおこ)

静岡生まれ。あいあいネットで職員を4年務めた後に退職し、2013年より生まれ故郷の静岡在住となる。 趣味はサッカー観戦とインド料理屋めぐり。インドでの国際協力に関心があってNGOの世界に飛び込むが、 “地域づくりとそこに関わる外部者”という関係において内・海外の現場の共通点は多い事に気づき、 自分の暮らす町や日本の農村、都市での町づくり・村おこし活動にも関心を抱くようになる。

            

【監事】
中田 豊一(なかた とよかず)

愛媛県生まれ。1986〜89年、シャプラニール=市民による海外協力の会ダッカ駐在員としてバングラデシュで 活動。1995年5月から1998年3月まで(社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長。1998年、 参加型開発研究所開設。以後、フリーランスの国際協力コンサルタントとして活動。2004年からの2年間は、 JICA派遣専門家として家族とともにラオスに滞在。現在(特活)ソムニード共同代表、神戸市在住。


【事務局】
福崎 令奈(ふくざき れな)

神奈川県生まれ。父の転勤に伴い幼少時にナイジェリアとインドで暮らして以来、子供なりに貧困問題や環境問題 に強い関心を持ち、学生時代にはいくつかのNGOで事務ボランティアを経験。 大学卒業後は経理として約7年の社会人生活を送る。2008〜2013年まで夫の転勤に伴いインドネシア在住。 インドネシア大学でインドネシア語を学びながらJakarta Japan Network(J2net)というボランティアグループに 参加し、奨学金支援や人形劇公演などの活動を通じて現地の人々と交流。2014年4月からあいあいネットに参加。

会計資料・年次報告書

ライブラリ